神社のケンキュウ(台湾)
台湾の神社について 台湾の神社 台灣神社 台湾の神社 台湾の神社 台湾には、日本統治時代に造られた建造物が今でもその一部が残っています。たとえば、庁舎駅舎などは、 今も現役で使用されているものがあります。他にも、道路ダムなどのインフラをはじめ、日本家屋や、 温泉といったものも、当時のまま、あるいは修復されながら、使用されているところもあります。ある面、古 いものを大事に残しているのは、日本よりも台湾なのかもしれない、と思うときがあります。・・・・・・・ そして、神社。統治時代、日本は各地に神社を造ってきました。台湾だけでなく、朝鮮、満州、樺太、南洋諸 島にもです。しかし戦後、各地の神社は破壊され、神社跡には別のものが建ったり、荒廃している場合がほと んどです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 台湾でも同様です。台湾には200社ほどあったと言われています。もっとも日本の象徴ともいえるこの建造 物は、戦後台湾入りした国民党によって破壊されました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ しかし、跡形も無く何もなくなったわけではありません。神社本殿の基礎石や、石段、参道といったものや、 鳥居、狛犬、灯籠などが現存している場合もあります。桃園神社だけは、台湾で唯一、今も本殿が現存してい たりします。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 近年では、地域住民の古蹟を守る気運も高まり、神社に限らず、過去の遺跡については、修復し、大事に保存 していく動きが各地で見られています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 神社遺構で遭遇する「昭和○○年」の刻字を見ると、私は、じっとその場にたたずんでしまいます。ここに、 かつて日本人がいたんだ、と。日本人にとって神社とは何か?そもそも神社って何?興味は尽きません。・・ そんな思いを持ちながらの台湾の神社のケンキュウです。このテーマは、今後順次ケンキュウを進めていきた いと思っています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
縣・市
社名
画像
所在
取材日
台北市
台灣神社
台北市中山區
10.08.16
13.02.25
台灣神宮
台北市中山區
13.02.25
台灣護国神社
台北市中山區
13.02.25
圓山水神社
台北市士林區
10.08.16
建功神社
台北市中正區
13.12.20
14.08.10
陽明公園の鳥居
台北市北投區
11.03.06
林森公園の鳥居
台北市中山區
16.01.02
新北市
(旧台北縣)
汐止神社
台北縣汐止市
10.10.10
猴{石同}社
台北縣瑞芳鎮
11.03.05
金瓜石神社
台北縣瑞芳鎮金瓜石
08.02.11
桃園縣
桃園神社
桃園縣桃園市
08.10.05
新竹縣
十八兒祠
新竹縣五峰郷大隘村
07.02.11
台中市
台中神社
台中市中區
12.02.27
12.12.02
彰化縣
彰化神社
彰化縣彰化市
12.02.26
員林神社
彰化縣員林鎮
12.02.26
台南市
台南神社
台南市中西區
10.02.28
12.08.14
開山神社
台南市中西區
10.02.28
14.07.20
15.02.08
林百貨屋上の末廣社
台南市中西區
14.07.20
15.02.08
新化社
台南市新化區
14.07.20
15.02.08
新化神社
台南市新化區
14.07.20
15.02.08
高雄市
高雄神社
高雄市鼓山區
14.07.20
橋子頭社
高雄市橋頭區
15.09.23
屏東縣
阿猴神社
屏東縣屏東市
15.09.22
佳冬神社
屏東縣佳冬郷
15.09.23
宜蘭縣
寒溪祠
宜蘭縣大同郷寒溪村
11.05.06
羅東神社
宜蘭縣羅東鎮
11.05.06
花蓮縣
花蓮港神社
花蓮縣花蓮市
10.10.25
新城社
花蓮縣新城郷
16.08.11
カウワン祠
花蓮縣秀林郷
16.08.12
豐田神社
花蓮縣壽豐郷豐裡村
09.09.20
林田神社
花蓮縣鳳林鎮
10.08.13
大港口祠
花蓮縣豐濱郷大港口
12.08.13
猫公祠
花蓮縣豐濱郷豐濱村
16.08.13
壽社
花蓮縣壽豐郷壽豐村
16.08.12
拔子社
花蓮縣瑞穗郷富源村
09.09.20
16.08.13
瑞穗祠
花蓮縣瑞穗郷瑞祥村
10.08.13
玉里社
花蓮縣玉里鎮
09.09.21
12.08.12
16.08.14
哈拉灣祠
花蓮縣玉里鎮樂合里
10.08.13
台東縣
台東神社
台東縣台東市
10.10.29
鹿野村社
台東縣鹿野郷龍田村
15.05.04
里壟社
台東縣關山鎮里壟里
15.05.04
上記の無断転載、引用を禁止します。リンクはメールにてお知らせください。copyright (c) katsuhiko Ashida all rights reserved. 台湾のケンキュウ へ戻る アジア小僧がゆく(TOP)へ戻る