神社のケンキュウ 花蓮縣
壽社
鎮座
昭和8年10月21日
1933年
社格
---
祭神
北白川宮能久親王
開拓三神
開拓三神 =大国魂命・大己貴命・少彦名命
社殿
なし
現在は社殿跡に中山像が建っている。
参道
石段と参道
参道は社殿跡まで約20m
鳥居
なし
灯籠
なし
狛犬
なし
ケンキュウメモ
●概要
壽豐駅の西の小山に、現在は中山公園となっているところが、かつ
ての壽社。
●ポイント
遺構と呼べるものは無いが、長い石段と、社殿があった場所の基壇
跡から、ここが以前、神社だったということは確認できる。
●感想
具体的な遺構が見られないのは残念だったが、見晴しがよく、境内
も広く、当時は立派な神社だったのでは、と感じる。
●行き方
壽豐駅から中山公園をめざす。徒歩で20分くらい。
●参考資料
なし
中山公園への階段。改修されているが、神社の石段であったことは、
すぐわかる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
石段を上っていくと、壽豐の村や対面に海岸山脈もよく見える。こ
のページの作成者のアジア小僧も登場。(笑)・・・・・・・・・
社殿跡には、中山こと、孫文の像が建っている。周囲には特に神社
遺構は見当たらない。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
しかし、社殿を支える土台の基壇脇には、この石段がしっかりと残
っており、ここが神社であったことがはっきりわかる。・・・・・
新城社
鎮座
昭和12年10月
1937年
社格
---
祭神
北白川宮能久親王
開拓三神
開拓三神 =大国魂命・大己貴命・少彦名命
社殿
なし
基壇が残っているが、その上にマリア像を設置している。
参道
参道
参道は二の鳥居から社殿跡まで約100m
鳥居
3基
灯籠
8基
狛犬
2対
三の鳥居の前に1対、社殿前に1対、置かれている。
ケンキュウメモ
●概要
花蓮から北へ約20kmの町、新城にある。観光地の太魯閣の山峡の
入口にある海辺の町。ここには鳥居、灯籠、狛犬などが残っており
現在は新城天主堂(教会)の施設の一つになっている。
●ポイント
神社の神様が今は、マリア様に置き替わっている点が注目。やや造
り変えられているものの、三基の鳥居も立派に残っている。
●感想
神道とキリスト教との融合がおもしろい。鳥居も灯籠も、日本色を
消そうとはしているが、やはり神社遺構とはっきりわかるほど、ど
れもよく残っている。
●行き方
新城駅から東方向。幹線道路の台9線を越え、部落の中の新城天主
堂をめざす。徒歩で約20分くらい。
●参考資料
なし
二の鳥居をくぐると、参道の両側にオレンジに塗られた灯籠が並んで
いる。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのまま進むと、三の鳥居へ。鳥居の手前には狛犬。奥の参道を歩
いているのは、シスター。・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三の鳥居から進むと、再び狛犬。そして、段を上がると、正面には
以前、社殿があった場所が見える。・・・・・・・・・・・・・・
社殿があった場所には、基壇が残っており、その上にマリア像と雨
などから守るための覆いが造られている。・・・・・・・・・・・
上記の無断転載、引用を禁止します。リンクはメールにてお知らせください。copyright (c) katsuhiko Ashida all rights reserved. 神社のケンキュウ へ戻る 台湾のケンキュウ へ戻る アジア小僧がゆく(TOP)へ戻る